反神反義

怠惰な学生が書くブログ。

スポンサーサイト --/--/-----

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックで救える順位がある→人気Blog Ranking |  --/--/-----:-- |  コメント(-)

1+1= 2007/01/12-Fri

『1+1=?』

お笑いやバラエティブームの現代において、これほどまでにボケるのが難しいお題は無いと思う。なぜかというと、これに対するボケ方はある程度限られたパターンしかなく、しかもその全てのパターンを実践してもスベる可能性が高すぎるからです。月並みのものもあれば意味の分からない答えを無理やりこじつけるものもあり、正直言ってこのお題で人を笑わせることができる人はたとえ吉本興業所属であっても一億くらいの収入は得るべきだと思う。では、この「1+1=」を使って、人を笑わせることがいかに難しいのか実践してみましょうか。


「1+1=3」全く意味が分からない。完全にスベってる。
「1+1=田」月並みだしどこにも笑える要素が無い。
「1+1=11」単純すぎて笑いがこみ上げてこない。むしろ怒りが湧いてくる。
「1+1=2」敢えて正統で勝負。
「壱足壱和弐」ただの思い付きである。
「1+1=391352887235-391352887233」すまない。正直ネタ切れである。
「1+1=√4(√9+2)-6」ネタ切れにもかかわらず続行した結果である。


はいスベったー。もうスベりまくり。ここまでくるともう、うっとうしいだけ? みたいな。ああ、これもスベってますね。はいはい、分かってますから、そのくらい。どうでもいいことなんですけど、「スベる」と変換したいときには「スベル」と入力してから「ル」だけをひらがなに直さないといけないからめんどい。「ボケる」は一発で変換できるのに。うむ、ウルトラスーパーハイパーミラクルサンダースペシャルスペシウムロケットミサイルくらいどうでもいいことですわ。はいはいはい、スベってますね。今気がついたのだけど、先に「スベ」とだけ入力して後に語尾を入力すればなんでもないことだった。あと、この段落は漢字の使用量が少ない気がする。

おや、いつの間にか話が逸れてしまいましたね。そうそう、「1+1=」はどんな扱い方をしても絶対スベる。スベらないことはありえない。スベらずにボケることは数学的理論上不可能である。スベらずにボケることができるボケ方を数学的に証明することも不可能である。そのくらい「1+1=」を扱うのは難しい。しかしそこまでボケて笑いを誘うのが難しいとなると、実は「1+1=」はボケに使われるものではなく、本来何か別の目的を持ったもの、そう、例えばことわざなんかとして生まれてきたものなのではないか。

「1+1=3」 これをお笑いの分野として受け止めてしまえば、受け止めた側の情緒には何の変化も現れず、逆に冷淡な気分になってくると思うのだけれど、少し解釈を変えてみれば感動的なことわざへと変貌するのです。「1+1=3」 本当の答えは2。3になんかなるはずないのに、面前には3という数字が堂々と鎮座している。これは、「小さな努力でも積み重ねればどんな不可能も可能になるのだ」ということを表しています。

「1+1=田」 も、本質的にはあまり変わらない意味で、これは「物は集まることで大きくなる」ということを表しています。怖いものにも、皆で立ち向かえば怖くない。「赤信号、みんなでわたれば怖くない」という言葉によく似ています。


要は教訓なのですよ教訓。人間は努力だ。努力なくして進歩はありえない。天才は1%の才能と99%の努力である。「1+1=」は緩いお笑いに用いられているなんて浅いものではなく、人間にとって最も重要であり、またその歴史を創るための要因となった「努力」の大切さを表している、とても奥深くてまた見かけは単純な言葉。そこまで読み取ってほしい。努力って大事だと思います。何せ人間の文明がここまで発達したのも、人間の努力のおかげに他ならないのですから。僕は今日テストがあったのに何にも勉強して来なかったんですけどね。

本日の『1』の使用回数=36
1×36=36
スポンサーサイト
クリックで救える順位がある→人気Blog Ranking |  2007/01/12-18:35 |  COMMENT(6)
最後のまとめ方が上手いです((笑

  おれは 1+1=田 って答える派です(何
| 2007/01/12-19:11 | edit
よく1+1でここまで話を膨らませられましたね。
僕も常に努力を心掛けていきたいです(笑
| 2007/01/12-21:47 | edit
さすがですw
いつも読ませて頂いていますが、
ここまで書けませんよ、僕は。
| 2007/01/12-23:45 | edit
某もこんな長い日記書いてみたいですね。

しかも1+1=で・・・。

尊敬します!
| 2007/01/13-12:37 | edit
>torusuさん
一応最後の1×36にはちょっとした意味を籠めたつもりです。どういう意味なのかはあくまで想像の世界で楽しんでください。楽しめるか分かりませんけど。ちなみに僕は1+1=2って答えますね。

>さーもさん
僕もまさか1+1でここまで逸脱した記事ができあがるとは思っていませんでした。ほとんどの文がその場の思い付きで書いたものなので、行き当たりばったりです。

>陸さん
お褒めいただいて光栄です。いつも意味不明なことを繰り返し書いていると、ついにここまでのものができてしまうのだということが立証されましたね。

>蒼穹さん
いやいや、尊敬されるほどの人間じゃないですよ、僕は。僕は結構前からこうして無駄に長くてしょうもない文を綴ってきていたので、このくらいの期間になると少し頭がかわいそうなことになってくるみたいです。


なんかこの記事は評判が良いみたいなので自選記事に加えておきます。
| 2007/01/13-18:43 | edit
最後の√の計算は間違ってません?
| 2008/08/21-03:56 | edit
コメント投稿












管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL




SEARCH
RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。