反神反義

怠惰な学生が書くブログ。
月別アーカイブ  <2006年08月> 
≪前月 |  2006年08月  | 翌月≫

スポンサーサイト --/--/-----

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックで救える順位がある→人気Blog Ranking |  --/--/-----:-- |  コメント(-)

+思考 2006/08/31-Thu

人生には悩みというものが存在します。
今日はそんな僕の悩みを+思考で爽快に、
電光石火のような勢いで解決します。
スポンサーサイト
クリックで救える順位がある→人気Blog Ranking |  2006/08/31-17:59 |  COMMENT(3)

批判力 2006/08/30-Wed

世の中には疑ってかからねばならぬことが多々ある。
クリックで救える順位がある→人気Blog Ranking |  2006/08/30-23:41 |  COMMENT(2)

学校再開 2006/08/29-Tue

今日から学校が再開しました。

しかしこのあたりの地域では2学期制が取り入れられていて、前期、後期となっているので、始業式とか言うものがないんですが、やっぱり何か違和感があります。
クリックで救える順位がある→人気Blog Ranking |  2006/08/29-20:59 |  COMMENT(2)

反「24hTV」 2006/08/27-Sun

宿題終わりましたよ。何とか。
しかし少し24時間テレビに不満がありました。

24時間テレビに感動している方は見ないことをお薦めします。

※これはあくまで僕の視点から見た感想です。
クリックで救える順位がある→人気Blog Ranking |  2006/08/27-22:50 |  COMMENT(2)

自由への闘い 2006/08/26-Sat

もうそろそろ始まりますね。
24時間テレビが。
クリックで救える順位がある→人気Blog Ranking |  2006/08/26-17:57 |  COMMENT(2)

冥王星の危機 2006/08/25-Fri

冥王星が惑星から外される。
これは困った。
クリックで救える順位がある→人気Blog Ranking |  2006/08/25-22:53 |  COMMENT(2)

タイムリミット 2006/08/24-Thu

もうそろそろ夏休みが終わってしまいます。
ピンチ。
クリックで救える順位がある→人気Blog Ranking |  2006/08/24-22:07 |  COMMENT(2)

FF12の 2006/08/23-Wed

パッケージを逆さにすると
悪魔が何かを食っているように見える。


20060823230759.jpg



どうかよろしくお願い致します。
クリックしてもらえると喜ばしいです

クリックで救える順位がある→人気Blog Ranking |  2006/08/23-23:07 |  COMMENT(2)

氷の大群 2006/08/23-Wed

1週間ほど前だっただろうか。
クリックで救える順位がある→人気Blog Ranking |  2006/08/23-11:16 |  COMMENT(0)

キュンピー日記 -神の偉大さー 2006/08/22-Tue

俺、キュンピー。
今日は俺が更新するぜ。
クリックで救える順位がある→人気Blog Ranking |  2006/08/22-20:30 |  COMMENT(0)

24h 2006/08/21-Mon

24時間TVが近々ありますね。
最後まで全て見るって人はどれくらいいるのでしょうか。
僕の場合は無条件で最後まで見ることになりそうですが。
クリックで救える順位がある→人気Blog Ranking |  2006/08/21-20:57 |  COMMENT(0)

旅行記とポケベル 2006/08/20-Sun

昔、旅行記を書く、とかいうことを記していた覚えがあるので、
そのことについて書きます。
クリックで救える順位がある→人気Blog Ranking |  2006/08/20-16:58 |  COMMENT(0)

自転車が教えてくれたこと 2006/08/18-Fri

あの頃の僕は幼かった。本当に。



・・・



僕は少し前まで「稲妻」として地元に名を轟かせ、
自転車においては僕の右に出る者はいませんでした。


小学校の自転車教室にはボランティアとして参加を依頼されたり、
富士山の5合目まで自転車で到達するなんてこともありました。

また、歩行者天国(祭)では大舞台の上でパフォーマンスをしたりしました。平均台の上を自転車で全力疾走したり、高台の上からジャンピングをかましたり、水上を渡ったりと幅広い分野で自転車の技術を持っていました。


しかしその反面、車道を車やバイクと紛れて疾走したり、山岳地帯に突入したり、風圧でカマイタチを起こしたりしてこれが結構な問題になってしまいました。地元では悪い話の種としておばさん世代の人の口から口へと、まさに稲妻のような速度で伝わっていきました。

当然そんなことを続けていれば警察も黙っちゃいないわけです。
しかし、パトカーで追ってきても降りる間に僕の姿は消えてしまっており、それに対抗して自転車で追ってきても僕に追いつくことはできません。警察も半ば、僕を捕まえることをあきらめ気味でした。


ただ、必然的に近所からの評判が落ち、避けられ、遂には無視といういじめの世界に入ってしまいました。まあそれだけのことしてりゃ当然ですがね。



そんな僕に転機が訪れました。
僕の運命を変えたのはあるポリスマン。この人の名前を仮に豊田さんとしましょう。



僕はその日、いつものように道路を爆走しておりました。


「おい、どかないとカマイタチで切り傷作るぞ!オラー!!」

「待ちたまえ!」

「ん、だれだ?俺に気安く話す廃棄物は?」

「名乗るまでもない。ただのおまわりさんだ。君は最近調子に乗りすぎだ。私と勝負してほしい。」

「なにでだ?」

「私のこの格好を見れば分かるだろう。自転車でだ。スピード勝負だ。君の得意なことだろう?もし、君が勝てばもう警察は君を追ったりはしないし、今までの前科も全て帳消しにしてやろう。ただし、私が買った場合、警察署までご同行願う。もしそうなったら逃げても無駄だぞ。何しろ私のほうが君より速いということになるからな。」

「分かった。」


当時、豊田さんは誰が見ても「自転車こぐのが趣味です」というのがわかるような専用の服装をしていました。僕もただの馬鹿だったわけではありません。その人がただ者ではないということが瞬時に分かりました。非常にリスキーな賭けになるのは分かっていましたが、自転車乗りとしての血の騒ぎを抑えることはできませんでした。


会場は山中湖のサイクリングロード。ルールはいたって簡単です。
「速く一周したほうが勝ち」



スタート地点に自転車の前輪をかすかに乗せます。
3、2、1、スタート


二人は一斉にスタートしました。が、すぐに離されました。まあそれも無理ありません。何しろ相手は競技用自転車、こっちはママチャリでしたからね。


後ろを振り向いて何か親指立ててガッツポーズしています。ニカッと爽やかな笑顔。をしてたかは分かりません。ヘルメットとサングラスしてましたから。とにかくそんな腹立たしいことをされたらこちらも黙ってはおれません。ギアを最重にして思いっきりペダルをこぎました。これが奥義、「音速の壁」です。


これを発動したからには大丈夫。相当距離が離れたはずです。後ろ振り返ってもいません。横にいるとかそういうオチじゃねえの?それも違います。


真相はこうです。道間違えた。しかしあの一本道でコースを外れるなんて。僕は天才のようです。とか思ってたら正しきコースに戻ってこれたようです。どうやら抜け道のようです。やはり僕は天才のようです。この段落、ようですって語尾が多いのです。


しかし上り坂で追いつかれました。さっきも書きましたが相手は競技用、こっちはママチャリです。この自転車、下り坂とか平地ではかなりのスピードが出せるのですが、加速や上り坂は難敵なのです。あ、抜かされましたー。


この道路には普通に歩行者もいるのですが、横に並んで歩いています。これは邪魔です。お、豊田のやつ、スピード落としやがった。今だ。今ならいける!



究極奥義「猛居突進」の発動です。豊田は抜かしました。邪魔な歩行人なんてふっ飛ばして進んでおります。その時、後ろから声がしました。


「おい、何をやってるんだ!!」


何をやってるって人をふっ飛ばしながらながら進んでいるのですよ。


「社会のルールを守って初めて自転車乗りの権利が与えられる。お前のやっていることはくそだ。クズだ。自転車なんかやめてしまえ。」


当時の僕は意外と純粋な心持でしたので素直にこれを受け入れ自転車をやめようとしましたが、当初にこの人と交わした言葉を思い出しとどまりました。


しかし社会のルールとは何だろう、ん、そうか!そういうことだったのね~。後ろを振り返ってみました。!!豊田が俺がふっ飛ばした人たちの応急処置を行っている!こんな大事な、前科を帳消しとかいうファンキーな条件を僕につけたこのレースを!


そうか、社会のルール、交通規則、規則、人として守らねばならないもの。
遂に僕は理解しました!



・・・



その後、豊田さんとは自転車仲間として一緒に自転車で遠くまで出かけたりしていました。


山中湖のサイクリングロードへまた行ったりしました。
ああ、この風、この風景はなんと美しいのだろう。
風を切って疾走する。この気持ちよさは一体何なんだろう。



共に世界を目指そう!!



そう語ったりしたのを覚えています。
今は豊田さんは事情により外国に越してしまいました。



しかし、豊田さんと会える日も必ず来ます。



お元気で、豊田さん!世界の舞台でまた会いましょう!!



今、この地球の上で豊田さんは何をしているのでしょう。
仕事?デート?食事?入浴?
僕にはそんなこと知る由もありませんが楽しみに待ってます。表彰台の上でまた話しましょう。レッツ・サイクリング!!とかいうこの話は全てフィクションです。








今日はちょっと道路を爆走してこようかなーという気まぐれな感情に襲われ、久しぶりに自転車に乗ることにしました。まあ自転車使うような所行ったことないもんな。え?今のは前置きの妄想です。


なぜ自転車に乗る必要が無いかといいますと、家から出て5秒ほどのところにスーパーがあり、70mくらいのところには本・ビデオ・ゲームショップがあり、全く生活に困らんのです。


久しく乗っていないとなると、ちょっと乗ってみたくなりませんか?


動機としてはそんなところです。財布、携帯、時計を持って愛用の真っ黒い自転車に跨りいざ出発。問題なのは自転車はあまり使っていないのに、愛用という言葉を使用しているところです。


取り敢えず、知り合いがいなさそうな方向へ行きます。



いやー、しかし久しぶりに乗るとやはり気持ちいいもんですね。
もうずっと下り坂でペダルに足を付けなくてもビュンビュン進んでいく。これは気持ちいい。風を切って走ることがこれほどまでに気持ちいいことだったなんて。


周りの木々たちも僕を迎え入れてくれている。そう、今の僕は自然な姿なのだ。太陽もまるで僕を照らしているようだ。


なんて思っていたらとてつもなく狭い道に侵入。パソコンのキーボードぐらいの幅しかない。こんなとこほんとに人が歩くのか?とか思っていたら反対側の道に人が歩いておりました。


この道、本当に狭く、さらにコンクリートに生えた草どもが僕の邪魔をしやがる。だいたい200mぐらいはあったんじゃなかろうか。


そんなこんなでその道を抜けると今度は広い歩道が僕を迎え入れてくれるのですよ。

それに見たところずっと下り坂だしもう楽チン。と思っていたらなんか溝にはまってバランスを崩し、こけました。ただ僕本体は反射で飛び降りてしまっていたので全くダメージは受けませんでした。



これからはこけないように細心の注意を払わないといけない。ずっと下り坂なのでしょっちゅうブレーキをかけなければならない。



あー、結構進んできたな。今何時だろうと思って左手に目をやると、なんと時計がありませんでした。どうやら自分ではつけていたつもりだったが実はつけていなかったようです。くそ、この日差しならソーラー電池がかなり充電できたはずなのに。



かなり進んできて時間も気になるところ。

ちょっと人通りの少ないところに一旦停車しよう、と思い、左にハンドルを切りました。ところが、今までの都会じみた町並みとは打って変わって突然田舎に突入しました。それが下の写真です。


田舎



右下のは多分僕の指です。携帯で撮影しているのでたまに指がかかってしまいます。


ここで携帯で今の時間を確認しました。

10:08

家を出発したのが大体9:00くらいですからもう1時間以上経ってしまっているわけです。よく当ても無くこれだけ走れたものです。


まあここまで来てしまったのだからもうちょっと行ってみようと思い、さっきの大通りに戻ってさらに下に下りました。ずっと下りなわけですからどこまでも行けてしまいます。



さらに30分ぐらい走ったところでもうそろそろ帰ろうと思い、ターンして自転車を逆に向けました。



余談ですが、本屋があったら何か買って帰ろうと思っていたのですが見事に1軒もありませんでした。


あと、
「死ー止ベルトをして死を防ごう」
「左右確認 左右!」
という看板を途中で見かけました。



話を戻し、自転車を逆方向に向けると、とんでもないことが僕を待ち構えていたのです。



果てしなく続く上り坂
自分の市まで42kmという表示




これを見た瞬間にもう終わったと思いました。傾斜20度くらいの坂が肉眼で確認できる限り休み無く続いています。少しぐらい平地があってもいいものですが、全くありませんでした。ほんとに平地といえる傾斜が1cmもありませんでした。僕はス馬鹿でした。
(ス馬鹿:僕の学校の数学教師が流行らせた単語)



しかしこの傾斜を上らないと家には帰れないので、上り始めました。
死ぬほどつらい、の一言に限ります。


うん、なんか悲しくなってきた。この道設計した人本当に馬鹿。ス馬鹿。
こんな長くて急な上り坂使う人がいるのか?
なんか僕を軽々抜き去っていく自動車に腹が立った。


「まあまあ、こんな道を自転車で通るお子ちゃんがいましたザマスの?
 大変ザマスねえ。オホホホホホホホッホッホ。」



って言われてるような気がした。


そんなことで、自動車に対する憤慨と、文明の発達に対する感動を胸に添えながらただひたすらに自宅を目指し、自転車を駆り続けます。



のどが渇いてきて、水分取らないと死ぬ、と脳に情報が送られてきたので自動販売機のある場所で一旦休憩しました。
そこでアクエリアスを口に流し込んだ。なんか自分にまたパワーが補給されている、水分を補給してまた細胞が再び活動を始めている。そんな感じに激しく襲われた。
それを飲み終わった後、家で勝利の宴をする為にコーラを買い自転車のカゴに乗せました。



休憩を終え、それからずっと上り坂を登り続けます。もう脚は完全に筋肉痛になっています。来る時に感じた風の心地よさ、太陽の気持ちよさなどは感じられません。


なんか、一回休むとすぐにまた疲れてしまうっぽい。
これは部活と体育の授業での経験から言える。
まあ休憩しないで死ぬよりはマシか。



苦しみが続きます。これは拷問です。
本当に傾斜が無いところが無い。20度くらいの坂をえっせらこいさと走り続ける。ああ、来なきゃ良かった。



2時間くらい上り続けた頃、家の近所の風景が見えてきました。傾斜も随分と小さくなっています。
やった、遂に僕はやったんだ!



ただ僕は、あることに気がつきました。



交通の規則上、自転車は左側を走る必要があります。
勿論僕は左側を走ってきました。行く時も帰ってくるときも。
しかし途中に、その性質上、回り道をしなければいけない道路があります。


道路



青い線が僕の通る道です。
画面で言うと右側の青い線が行く時に通った道で、左側が僕が今まさに通ろうとしている道です。見事に別れています。かなりの遠回りになります。ここまで来てまた僕にダメージ。今までもずっとHP減ってたけど。



その道を通る途中、上り坂で立ちこぎをしてスピードを出している中学生ぐらいの人がいましたが、この程度の傾斜で立ちこぎを使っているのを見ると、なぜかかなり腹が立ちました。今出せる全ての力を振り絞って突撃してやろうかと思った。




そんなこんなで遂に我が家に着きました。
懐かしい。とても懐かしい。
服がまるで、人命救助のために川へ飛び込んだ人みたいに濡れていた。


自転車をしまい、家の中に入って早速勝利の乾杯をしようと思い、あの飲料水のフタを開けました。


ジュワ~~~~~~~~~~~~~~~~~


完全消失です。僕が自動販売機に120円という大金を支払ってようやく手に入れた飲料は一瞬にして消え去りました。空しい空き缶と自分に対する虚無感だけが残ります。




僕はこの日、自転車の素晴らしさをとことん学びました。



<今日の教訓>
自転車のカゴにコーラを乗せて走ってはいけない。
クリックで救える順位がある→人気Blog Ranking |  2006/08/18-23:56 |  COMMENT(0)

ス馬鹿 2006/08/17-Thu

僕の学校には異彩を放つ教師たちが多数いました。
クリックで救える順位がある→人気Blog Ranking |  2006/08/17-21:30 |  COMMENT(0)

サルの訪問 2006/08/16-Wed

当時5歳。
クリックで救える順位がある→人気Blog Ranking |  2006/08/16-21:35 |  COMMENT(0)

人類の終着点 2006/08/16-Wed

これから先、どんどん文明が発達していくでしょう。
クリックで救える順位がある→人気Blog Ranking |  2006/08/16-00:22 |  COMMENT(2)

堕天使とホームレス 2006/08/15-Tue

「おい、どうなってんだ。」
クリックで救える順位がある→人気Blog Ranking |  2006/08/15-20:20 |  COMMENT(0)

黒き世界 ―前編― 2006/08/14-Mon

ネタは腐るほどある。
しかしオチはない。

そんなことで妄想の文章を書きます。
クリックで救える順位がある→人気Blog Ranking |  2006/08/14-21:02 |  COMMENT(0)

生還 そして次郎 2006/08/13-Sun

なぜ僕は還って来れたのか。
(疲れた 参照)

そして先日現れた謎の人、次郎とは何者なのか。
(次郎 参照)
クリックで救える順位がある→人気Blog Ranking |  2006/08/13-23:24 |  COMMENT(0)

突発的 2006/08/12-Sat

突然ですが改名しました。
クリックで救える順位がある→人気Blog Ranking |  2006/08/12-11:33 |  COMMENT(0)

次郎 2006/08/12-Sat

やあ、僕、次郎!
今年で46歳になったんだ~!!

なんかここの管理者が逝っちゃったみたいなんだよね~。
ということで今日から僕がこのブログを仕切りまーす。
クリックで救える順位がある→人気Blog Ranking |  2006/08/12-10:38 |  COMMENT(0)

疲れた 2006/08/12-Sat

疲れた。

あ、そろそろ時間だ。
クリックで救える順位がある→人気Blog Ranking |  2006/08/12-00:06 |  COMMENT(0)

雑巾の真実 2006/08/10-Thu

1年2学期。
あれは余りにもおかしすぎた。
クリックで救える順位がある→人気Blog Ranking |  2006/08/10-09:09 |  COMMENT(0)

雑用 2006/08/09-Wed

帰ってきました。





ーーーーーーーーー


僕の雑巾がけのスピードは半端ない。

なぜならば、
クリックで救える順位がある→人気Blog Ranking |  2006/08/09-23:26 |  COMMENT(0)

写真 2006/08/08-Tue

20060808215446


写真

これは僕が自分で撮った写真です。うむ、これはあっぱれ。富士山が実に良く再現されている。形はもちろん、小富士までが忠実に再現されている。しかも横には太陽が。もう一度書きますが、暮れは自分で撮った写真です。一切手は加えていません。                                         ・・・2日連続でツマラン記事になりました。ってかこれ愚者の生活じゃない。まあ明日からパソコン投稿復活なので、もっとマシな記事が書けます。                    

クリックで救える順位がある→人気Blog Ranking |  2006/08/08-21:54 |  COMMENT(0)

敢えて 2006/08/07-Mon

昨日書いた通り携帯からの投稿になります。   ちなみにここは福島、旅行先です。 ここで旅行のことを書くのがセオリーですが、敢えて外します。 普通は旅行のネタしか思い浮かばないはずですが、自分を追い込んで能力の開花を目指します。 いやー、それにしてもネタがない。何にも浮かばない。とりあえず疲れた。それにしても疲れた。だるい。わざわざ旅行先からも更新するなんて僕はなんて真面目なんだろう。 ・・・僕は馬鹿か? もう今日は感想で終わり 1.疲れた 2.だるい 3.ネタない 4.めんどい 5.眠い ではさようなら。
クリックで救える順位がある→人気Blog Ranking |  2006/08/07-23:36 |  COMMENT(0)

歩行者のパラダイス 2006/08/06-Sun

「デモクラシー・デモンストレーション」
クリックで救える順位がある→人気Blog Ranking |  2006/08/06-17:56 |  COMMENT(0)

Japanese 2006/08/05-Sat

ネタガナイ。

しかし余り時間もない。
仕方ない、国語の授業の話。
クリックで救える順位がある→人気Blog Ranking |  2006/08/05-23:16 |  COMMENT(0)

うるとらまん 2006/08/04-Fri

なんか昨日と一昨日の記事長いだけですね。
ぐだぐだしてますね。
つまんないですね。
読むの疲れますね。
読むのめんどいですね。
読みにくいですね。
オチが無いですね。
バカですね。



ここ見ようとしてくださる方。
こんなブログ見ないほうがいいですよー。
クリックで救える順位がある→人気Blog Ranking |  2006/08/04-17:59 |  COMMENT(0)

体験入学Ⅱ 2006/08/03-Thu

昨日の続きです。

ちなみにテンプレート変えました。
なんか見にくかったので。
でも誰も見てないのでわざわざ書く必要ないですね。

これすら書く必要ないですな。
クリックで救える順位がある→人気Blog Ranking |  2006/08/03-12:45 |  COMMENT(0)


SEARCH
RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。